最短2回・計3時間(1回90分)の講習で習得可能
感動を贈られる側から贈る側へ
大切な人に世界に一つだけの思い出のブーケを

通常、結婚式のブーケは式場、もしくは生花店に頼むと、
高額になりがちですが、手作りなら低コストで実現可能です。 
自分で嫁ぐ日のために。 大切な娘の晴れの日に。 また友人のお祝いのプレゼントとして。
一生の記念に残る作品を作ることができるようになります。
また購入するのではなく、「手作り」であればこその、贈る側も送られた側も最高の思い出となります。

最短で習得可能
入会無用材料費のみ

最短・計3時間の
講習で感動が実現

メリーローズなら
アクセスしやすい

阪神間、教室数43校
いつでもどこでも通える

初めての方
でも安心です!

初心者大歓迎で、先生が
親切丁寧に優しく教えます

手作りブーケ教室・入会金・受講料無料 花材等の実費のみ
※初心者大歓迎! 月額じゃないからこその安心の自由参加制!
お休みの日はお花代はかかりません!

MERIT
手作りブーケならではのメリット

プロフェッショナルのサポートで願った通りのデザインが可能となります

「思っていたデザインじゃなかった」「ドレスに合わせて、もう少し赤い花が良かった」等々、意外と結婚式で多いのが、ブーケに対する不満です。
しかし、メリーローズなら、先生の指導の下、一緒に作っていきますので、思い通りのデザインが可能ですし、プロフェッショナルからの適切なアドバイスを受けながら、ご希望に応じた予算と、受講時間を先生と自由に話し合いながら、設定することができます。

結果的に予算を抑えることができます

式場を通して、依頼をすると、デザイナー料がかかったり、お花代が高額になり、思っていた予算よりもオーバーしてしまったりすることがあります。 しかし、ご自身で作るならば、デザイナー料もかからないし、メリーローズの独自の仕入れのルートにより、予算を削減できます。

世界に一つだけの手作りブーケならではの一生の思い出になります

見ず知らずの他人が作ったのではなく、自分や家族が、真心を込めて作ったからこその思い入れが生まれ、見るたびに結婚式の頃のあの初々しい感動が蘇るはず。 プリザートフラワーや、アーティフィシャルフラワー(造花)で創れば、お子さんや、お孫さんの代までの思い出として、取っておくこともできます。

結婚式当日も感動の渦が生まれます

「本日のブーケは、大好きなお母さんが作ってくれました」
その一言だけで、なんだか、暖かく、優しい光景が結婚式に広がります。
ご自身で作れるようになれれば、今度は娘や孫の結婚式にも、作ってあげることができます。

ご希望に応じて、その他のお花の作り方も習得できます

様々なイベントや、シーンのニーズに応じた法人様からのご依頼を受け付けて、アレンジメントフラワーを長年、行っているメリーローズだからこそ、ご希望に応じて、ブーケだけでなく、様々なお花の作り方をプロ目線で、学ぶことができます。 アレンジメントフラワーを学べば、ご自宅で楽しむことはもちろん、いつでもどこでも自由自在にお花を創り出すことが可能となります。

artwork

在校生の作品

只今準備中です。

VOICE

在校生の声

50代 女性 パート

娘の結婚が決まり、ブーケを作ってあげたい、と思ったことが教室に通いはじめるきっかけでした。
娘の結婚式に何か一生の思い出に残るものを作ってあげたかったのです。

先生は快く本番までのブーケ製作についていろいろなことを教えてくださり、花材を揃えてレッスンしてくださいました。

私は全くの初心者でしたが先生のご指導のおかげで当日は素敵なブーケを娘につくってあげることができました。
式場では司会者の方から、『お母様の手作りブーケでご入場です』とご紹介いただき、恥ずかしいやら嬉しいやらで本当に私にとっても娘にとっても忘れられない感動でいっぱいの挙式となりました。

そのブーケが大好評で知人からまた娘さんに作って欲しいと頼まれまして思いがけずの嬉しい悲鳴です。

これからも習い続けて素敵なブーケを作って行きたいな、と思います。
先生、いつもご指導ありがとうございます。

30代OL女性

初めてお花を習いました。
お仕事帰りに何か習い事をしようと思っていましたが知人からこちらの教室がいいよ、とご紹介いただきました。
こちらのお教室のいいところは月謝制ではなく来た時だけの実費制。

正直、予定も先々まではっきりしないので参加不参加は4日前までの連絡でいいので時間的にも予算的にもとても助かっています。

初めてでも基本の形からブーケ、プリザーブドフラワー、ギフトフラワーまで多岐にわたり丁寧に教えていただけますので毎回のレッスンがとても楽しいです。

資格取得制度もあるので目標をもってレッスンできるところも長く続けていけるところかな。

そしていつか友人の結婚式にブーケを作ってあげたいなぁ、と思っています。